スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/15


AM 4:30

おはこんばんにちは!
らいおんです(=^ω゚)ノ



昨日はブログを更新できなかった。
申し訳ない。。。




会社での会議がもめにもめまして・・・
会議中に出来なかった仕事に追われた事と
今後の仕事のスケジュール・方向性を見直しておりまして。

帰り着いたのが深夜の2時でございました (´ー`;)




色々とメンタルが不安定なもので
ちょっとブログを更新できませんでした orz












そんな中でも時間が少しでも空けば
必ずチェックしている自治問題がございます。




「海外のインターネットのカジノサイトで賭博を行った疑いで個人利用客が逮捕」
http://www.sankei.com/west/news/160310/wst1603100084-n1.html






一日本国民としての客観的な意見を言わせていただきたい。






今回のこの件、皆さんもご存じの通り
裁判例が存在しておらず、法的には結論が出ていない状態であるという事。
(一部を除き、多くの専門家が現在の法律では結論を出しきれていない現状)




この件で話題に上がったギャンブル、
現在日本人の約50万人もの人間がプレイしております。

この約50万人もの人間が果たして違法という認識でプレイしていたのか。




今までに裁判例がなかったのも
現在の法律に誰もが納得できる明確な法律が存在しないという事実がありあす。

京都府警も現在の法律をどうとでも解釈できるような考えで
半ば強引と思える状態で踏み切っているように
個人的には思えてしまう。




この状態での逮捕に踏み切った事で
現在、予想以上に日本国民の中で大きなニュースとして取り上げられております。







問題はこのオンラインカジノだけでは話が済まないという事。

多くの国民が思う事は、


「ドラ麻雀は?スポーツベットは?ネットを利用した世界ポーカーの大会は?バイナリーオプションは?」

「パチンコ・スロットとは・・・」


である。




この上記の中でインターネットの生放送を使って配信を行っている方が
この事件後の今現在でもいらっしゃいます。







やはり、私個人も思ってしまう疑問が
「数ある中で、何故オンラインカジノだったのか?」









ここまで多くの国民が注目するニュースになったのも
多くの国民が今回の件で疑問に思ったのも
現在の法律に問題がある事をいがめない。


急速なインターネットの普及に
現在日本の法律が対応できていない現状。

だから日本国民が理解・納得していない・出来ない状態であるという事。




「有罪」・「無罪」の判決はまだ出ていない状態ですが、
逮捕者を出す前に、
まず法の改正が第一優先ではないでしょうか?

時間はかかるかもしれませんが、
これからの事を考えると
これからもインターネットは日本国民において必要不可欠なものであり、
多く利用されるものと思います。

まずはここからでは?
と、強く思う次第でございます。






私個人が気になる中に
過去にこのようなものがあります。

「東北財務局の職員が、勤務中にスマートフォンでオンラインカジノを繰り返し利用」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takashikiso/20150706-00047295/

(勤務時間中に私用のスマートフォンでオンラインカジノを繰り返し利用し、
国家公務員法の職務専念義務に違反したとして、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分。)



ここで疑問に思うのが
この方が賭博の罪で裁かれていない事です。


この問題が起きたのは 2015 年 7 月 の事。
もちろん、この日から現在に至るまで
法の改正など行われておりません。



記事から分かるように
この方の場合、第三者が直接現場を目認(視認)しております。





もし、今回のオンラインカジノ利用者が逮捕された件で
「有罪」判決が下されたら


「この方も賭博の罪で有罪では?」

「今回の件が有罪なら、なぜこの当時にこの方に賭博の罪が科せられていない。」


という疑問で頭が一杯である。






公務員の身内は守っても
それ以外の一般市民にはこの対応なのでしょうか・・・


20160315_2.jpg








今日も仕事を頑張ってきます (=^ω゚)ノ

帰りは遅いだろうな~・・・ orz



※コメントは一度承認待ちとさせて下さいm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

初めまして。
今回の件はオンラインで(言葉は適正かはわかりませんが)ギャンブルしている人にとっては大変ショックな問題ですよね。
賭博はいけないのは知っています。ただ、相手は海外サーバー、正規ライセンス、賭博罪の今までの判例等、始める前に調べた結果とは違いました。
ただ、調べたというのがオンカジの推薦していたアフィサイトが主で、そのサイトが今回の件を発信する前に閉鎖やメンテナンスといった動きをしたことで、情報が入らずに不安をさらに増やしました。
法律的に根拠のないということを明言していたのであれば、今現在どのような状態なのか、掲示板や、メールで、話を聞ける場だけでも残して欲しかったというのが本心です。
スマトラに関しては、ブログの閉鎖やツイッターの鍵などは理解が出来ません。
法的に犯罪ではないということで日本に入ってきたのではないのか?
個人情報などを警察にわたしたのか?
と疑ってしまいます。

文句ばかりで申し訳ありません。
今後規制したいのであれば、3人は不起訴にするべきたと思います。そして、新たに法改正していくしかないと思います。


2016/03/15 (Tue) 09:01 | ロン #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ロン殿!

お世話になります。

こんなコメントをいただけるとは思っておりませんでしたので・・・
本当にありがとうございますm(_ _)m

私自身も今回の件(賭博罪)に限らず
インターネットの普及している現状に対応できる法改正を
国として取り組んでいただきたいと思っております。

はっきり言って
一般の方が現在の法律を見ても、
今自分のしている事が犯罪なのか判断できないのが現状だと思っております。

スマートライブ側も出来れば今回の件について
現状や問題が発生してから今に至るまでの情報を公開していただきたい一心です。

有罪判決が下され、もしカジノ側が日本警察にサーバの情報を公開したとしたら
一気に大勢の逮捕者が出ると思います。
アカウント作成時の個人情報・出金時に提出した身分証明書があります。
「海外でプレイしてました。」っとの言い訳も
ログからプレイした日時とパスポートからの出国履歴から足がついてしまいます。

今回、京都府警がどのような考えで逮捕に乗り出したのか、
とても気になるところです。。。

これからも宜しくお願い致します。m(_ _)m

2016/03/15 (Tue) 09:39 | らいおん517 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/15 (Tue) 17:51 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。